11月も半ばになりましたが、うちではようやくハロウィーンの飾りがほぼ姿を消しました。アメリカではもうすぐ感謝祭で、街にはオレンジ色の秋らしい飾りが溢れていますが、私はさほど興味がないので、クリスマスの用意をぼちぼち始めています。
今年のハロウィーンは4歳になったレミが、はじめて近所でお菓子をもらいに(”トリック・オア・トリート”と言ってお菓子をもらう)行った記念すべき年になりました。去年はお菓子への執着もなし、コスチュームも強いリクエストは、なし。。。なので本人がこの日についてはっきり理解したのは去年の当日だったようで、この1年ず〜っと心待ちにしていようでした。季節が変わってもハロウィーンの歌を歌い続け、一人おままごとでも”吸血鬼”とか”ゾンビ”たちとお茶していたりする彼女の姿には、長年真面目にコスチュームパーティーをやり続けてきた母としては、血の濃さを感じます。
当日の料理もレミのコスチューム(春頃から希望していた、魔女)に合わせたメニューをいろいろ考えて、張り切っていたのですが、なんと私が胃腸炎になりそれどころではなくなってしまいました。アブラ汗をかきつつも、週末の子供のパーティーと当日の学校のイベントには連れて行けたのですが、食事会は問題外でした。私をよく知る友人たちにはこの日のキャンセルを驚かれ、病状をだいぶ心配されてしまいました。その後回復しましたが、メキシコからちょっとづつ買ってきている”死者の日”のガイコツの飾りや、今回作ったコスチュームなど、ちょっと心残りでなかなか仕舞えませんでした。
でも今更ですが、ハロウィーンは子供が主役なんですよね。レミの学校のクラスメイトたちもみ〜んな可愛くて、登校時から盛り上がりました。

Remi's first

2016

あけましておめでとうございます。2016年が皆様にとって平和で健やかな年になりますように!

3人で迎えるお正月も4回目になりまし た。

3才のレミは写真向けの愛想笑いもマスターし、おしゃべりも口答えもおもしろく、どんどんどんどん成長しています。大晦日まで旅行に行っていたので、何もしない元旦でしたが、2015年は1年中ばたばたしていたので、今年はすこしゆったりと過ごしたいものです。

レミはパートタイムでプリスクールに通うようになりました。今年の秋からはプリKが始まります。 (4才からキンダーガーデンの準備年。5才から1年生になる前のキンダーガーデンという学年で義務教育。) NYではこのプリKから無料のプログラムも(選べば)あり、ついに週5日の学校生活が始まるということです。本人は学校が楽しくて、ほくほくと通っているし、私もこの先、滞っている仕事や創作ができる喜びも大きいのですが、今年を最後にこの社会のシステムに組み込まれていくことを考えると、子供の成長に感慨深いのと、もっと一緒に遊んでいたい残念な気持ちが入り混じります。レミは他の子にも学校にも興味津々、ロイはとにかく外に出したい主義なので、複雑〜、というのは私だけですが。。。

新年会は1週間遅れで友達と集まりました。
2 年ぶりに和風のお正月料理に挑戦し、色々手に入らない苦労はありつつも面白かったです。いつものパーティーの”和風”なものより、もう少しちゃんと和食だったので、伊達巻きや煮物などの甘さが受け入れられるかと不安はありましたが、大人8人子供2人で、あっという まに重箱が空になりました。むしろ足りなかった感じで、反省です。個人的にはおせちで食べる物が決まっているので、蒲鉾や数の子など私自身が食べない物は用意しませんでした。母が作る伊達巻きとごぼうを、一応再現出来たのが嬉しかったです。黒豆は買い置きがあったのですが、味が今一つで、急遽ひじきと大豆に替えました。これは味付けに柚子胡椒を入れたのが中々良かったので普段の食事に定着しそうです。皆、結構まんべんなく取って食べてくれました。

私は早い段階で着物や飾りや追加分をあきらめたので....と、早い段階で飲み始めたの で、テンパらずにお客さんと楽しく過ごせました。ロイは準備中に2人の子供(イザベルが息子連れで手伝いに来てくれたので)をまかされて、いつになく大変だったのか食後は日本酒のピッチが早くなっていました。

毎年は無理そうですが何年かおきにおせちを作るのもいいなあと思っています。

もう一人くらい日本人がいれば着物も着れるんだけどなあ!

24020046530_c64dd7baac_k
 24233108281_45dc55d525_k
24020036160_cf103fb93e_k

3RobbersTomi Ungerer : All in One

January 16–March 22, 2015,

Drawing Center : 35 Wooster Street, SoHo, New York, 10013

DSC04001

フランス生まれのイラストレーター/児童文学作家、トミー・アンゲラーの作品を見に行きました。私は”すてきな三にんぐみ”という本は知っていましたが、作家本人のことは聞いた事がありませんでした。広告や挿絵なども手掛けていただけあって、大胆な発想が印象的で、グラフィックで美しいイラストから、シニカルな風刺画まで楽しい作品ばかりです。原画の質感がどれもとても魅力的に感じました。

毒気のあるユーモアがこども向けではない展示ですが、絵本の知名度からこども連れも多いようでした。でも刺激の強いものはこども目線では見えないようになっていたり、グラフィックで面白いものは目に入りやすくなっていたりと、一緒に行った2歳児も楽しめました。作家自身もとっても興味深いひとの様なのでこれから、彼のドキュメンタリーを見ようと思っています。

レミに”すてきな三にんぐみ” と、”へびのクリクター”という本を最近買って読んであげていたので、3人組のアニメーションには食いついていました。ついでに私のケープが3人組のケープと似ていたので帽子と一緒に貸してあげました。

16130804218_5fa3091670_o(Tyrannosaurus)

16292418626_f003454302_o(Stegosaurus)

恐竜のお弁当、4連作です。

4つもあるのは、”キャラ弁”制作をリクエストされた為、練習した分も入っているからです。先日、日本のTV局の取材があり撮影して頂きました。
これと言って”キャラクター”が思いつかなかったので、恐竜好きの2歳児にヒントを貰いました。とは言ってもレミは図鑑を見て種類を暗記、などと いう本格的なものではなく、顔の横で手を広げ“Dinosaur, grrr! (恐竜だよ、がお〜)”と言うのが、親にとっては面白い芸、と言う感じです。うちにあるヌイグルミは草食のかわいらしいアパトサウルスなのですが、レミにかかると結構荒々しく襲ってくるので、多分”モンスター”も恐竜の仲間に認識されていると思います。

3枚目が最初に制作した、私の想像上のもので、恐竜と言うよりどうも怪獣色が強いのですが、あとから図鑑を見たらイグアノドン (Iguanodon)風ではないかと。。。まあ、大葉のギザギザが可愛いかと使ったのが余計でしたね。
他 のの3つはティラノサウルス (Tyrannosaurus)、ステゴサウルス (Stegosaurus)、アパトサウルス (Apatosaurus)と有名どころを一応(イメージを検索して)参考に作りました。緑のご飯はパセリ、ピンクは梅干し、そしてステゴザウルスのオレンジ色は人参でした。一 応味付けをして、ふりかけご飯風なのですが、今回の人参ご飯はロイにもレミにも不評でした。がっかり。下のバジルとは合うと思ったんですけどね〜。

16112093697_889f3f74c8_o(Iguanodon)

apatosaurusDINOSAURbentoFUJI8549(Apatosaurus)

 16113456782_eeab0c43db_k

(Dec. 2014 / 載せていなかった過去の記事です。)

レミが生まれ3人家族になってから、家族でやる恒例行事の様なものを作っていきたいと考えるようになりました。その一つがクリスマス時期のジンジャーブレッドハウス(クッキーの家)です。12月半ば迄に作り、クリスマスに解体して食べる事にしようと、作りたいだけの私と、食べたいだけのロイとで、ここ数年続けています。2014年はニューヨークのランドマークのひとつ、フラットアイアン ビルにしました。直線が多くおおまかにはシンプルで楽だった分、外装が寂しい感じがします、窓などもう少し工夫が必要でした。でもバランスは結構良かった様な気がします。今回はレミも食べるほうに参加しました。2人がかりだと。。。というかロイが取り組むと、あっという間でした!

 15507353124_fb56b298c2_k

15927924309_8fb9b6f2cb_k

 

FUJI5836c2

FUJI5843c

(Nov. 2014 / 載せていなかった過去の記事です。)

今年もハロウィーンの季節になりました。当日が金曜なので、パーティーなどはその前の週末が多いようでした。レミと私も子供向けのクラブイベント”Baby Loves Disco”に出かけました。

2才半になったレミはメキシコの画家、フリーダ・カーロです。去年は拒否されましたが今年はブラウスもお花も普段から着ているので拒否されず、沢山つけるのを喜んでいました。眉毛をつなげて、絵筆をもたせて完成です。

レミにはまだ市販の甘いものをあげていないので、家々をまわるイベント(”Trick or Treat”といってお菓子を貰う)にはまだ参加しませんが、来年辺りからはその可能性もあるかもしれません。3歳を過ぎるとコスチュームも自分で選びたがると聞くので、今年のように相談もなしに私が決めるのも最後かもしれません。

クラブイベントは値段の割にはがっかりな内容でしたが、子供達の仮装がやっぱり可愛いので、お友達親子と一緒に楽しく踊ってきました。毎年4、5歳くらいの女の子達は、ディズニーのお姫様が凄く多いのですが、今年は半分以上が雪の女王・エルサでした。会場ではフリーダカーロの知名度は低く、名前を言っても判ってもらえない感じでしたが、行き帰りの道では主に年配の方に沢山褒めてもらいました。仮装だと判って頂けたのはほんの一部でしたが。。。

レミは会場の色々が珍しく、動き回ってばかりなので(ダンスフロアで一瞬見失って冷や汗でした)、飲み食いする暇もなかった感じでしたが、ネイルのブースで初めてのマニキュアをして、風船のブースで蝶々を作ってもらってお祭り気分を満喫したようです。

ハロウィーン当日はお友達がやってきてメキシコ風に死者の日を祝いつつ、持ち寄りメキシコ料理パーティーでした。夫婦で大好きなメキシコ料理は、よく食べには行きますが、家ではあまり作りません。パーティーで作るのは初めてものもばかりでしたが材料の準備が楽な割に、なかなかおいしく出来たので、カラフルでパーティーにぴったりでした。これを機にもっと作ろうかと思います。

(追記:この後、2014年の感謝祭の食事もメキシカン風になりました。各自好きなものをコーンのトルティージャに挟んで作る形式で、嗜好の違う親戚の集まりにぴったりでした。毎年感謝祭はターキーのタコスになるかもしれません。)

FUJI5809sq

DSC01281c

(Oct. 2014 / 載せていなかった過去の記事です。)

以下、レミ2才半の記録。(10月 2014)

検診では、88cm/11.3kg(35’’/25lb)相変わらず食べない割には大きくなっています。元気で活発、未熟児の頃の面影はありません。最近の主食は白米にかつおふりかけ、りんご、バナナ(と野菜)スムージー。私が作るクッキーは形に心引かれる時のみ(または一緒に型抜きしたもの)、パンケーキは焼きたてのみ食べます。偉そう。

15327751028_a69bffc77b_k

どこへ行っても元気!

日本語と英語が8:2くらいで言葉はどんどん増えていますが、全体的にはモノリンガルの同じ年の子(もう文章で会話)に比べると遅い様で、単語+オリジナル言語の組み合わせが多いです。でも随分会話が通じるよ うにはなりました。言うのが好きな言葉は魚(日本語)とDinosaur(英語/恐竜)です。特に魚という言葉は相当好きで、魚や似た形を見つけては、さ〜か〜な〜!と絶叫していま す。

ロイの夏休み中よくやっていたストローラー乗車拒否も、秋になり私と2人で出かける事が増え、しなくなりました。我が儘もやはり2人の時は少ないので、母の許容範囲を理解してるんでしょうか、勘弁してやるかと調節しているのかな?相変わらずどこでも跳ね回り、似た様な月齢の子と比べて、かなりワイルドなほうみたいですが、こちらも“魔の2才児”という心構えがあるせいか、結構平和に過ごしています。そもそも両親揃ってテキトーな人間なので、突然子供だけよいこちゃんになる筈は無いのです。

私としては小さい子との暮らしは、絵本にある”ひとまねこざる”とか”マドレーヌ”(どちらも好奇心旺盛で、よく言えば行動的。でもはた迷惑も多し。)の主人公がいるようなものだと感じています。注意しなければならない事も増えましたが、笑ってしまう事も沢山やってくれます。一人で遊ぶ時間(積み木や本)も結構増えてきているので油断していると、ベッドルームから聞いた事が無い様な音がして、しまい込んであるものを引っ張りだしていたり、トイレットペーパーをたくさん広げてに埋もれていたり、顔や手にペイントしていたり、おとなしい時程良からぬ事をやっているようです。この頃は、飲み物を移しかえるのが好きで、よく勝手にやってはこぼしているのですが、私が見つける前に、素知らぬ顔で普通に飲んでいる演技をしつつ拭いたり(全部見てたけど)と、いたずらのあとに誤魔化そうとする形跡さえあって、面白さがノンストップです。人間ぽくなってきたなあ。

追記(1月/2015):2才9ヶ月。このところ英語の比率が増えてます。文章は両方とも増えていて、3語以上のものはまだフレーズ毎暗記ですが、適切な場所で使えるようになってきました。日本語だと、色々な単語のあとに”〜よ”、とか”〜なの”等がくっつく事が増えました。よその大人が居るとシャイですが、家の中ではかなりおしゃべりです。聞いた事を繰り返す事が増えたので、私も自覚していない話し方など、よく気付かされます。注意している時に聞いてないふりなので、もう少しちゃんと聞けるといいんですけど!歌の歌詞も結構覚えているようです。歌ったり踊ったりしたあとに、サンキュー・マッチ(ベリーはぬかします)!と言ってお辞儀します。腰に手をあてるかスカートを摘むかして足も曲げるお辞儀で、親の私達が大好きな”芸”のひとつです。

15951061736_52dfe374ce_k

クリブから幼児用ベッドに変わりました。

ところで私は先週、ついに母親になってから初めて怒鳴ってしまいました。レミは凄いおてんば娘ではありますが、まだ小さいし、一通りのいたずらを小さい頃やった私としては、こどもらしい大抵の事が想定内のことなので、意外と納得することが多いのです。悪い事、危ない事は叱りますが大声出すところまでいかないというか。。。。(よく、“ま、想定内、想定内。”と自分に言い聞かせています。)、大声での”注意”はあっても大声で怒る、など今迄無かったのです。でも、子育てが始まればいつかあるんだろうな、と想像しつつ2年9ヶ月、ついに、かーーっ!となりました。それはレミが私の帽子の型紙(完成したばかりのもの)をくしゃくしゃにして、とりあげようとした私から更に引っ張って行って、破いてしまった時でした。1月30日。ここに記録しておきます。2人でびっくりした出来事でした。この先もっとあるんだろうな。

ほかに新しい事と言えば、今年になっておやつにロリポップ(棒付きキャンディー、無添加のもの)デビューしました。もの凄く喜びます。”はらぺこあおむし”や”ぐりとぐら”の絵本で見て知っていた、チョコレートケーキもついに食べ始めました。食べない割にはおままごと道具が増えたせいか食べ物を随分知っています。アメリカで甘い物好きになってしまう事を考えると恐怖ですが、家でなら砂糖が少なくても味のいいものを作ってあげられるので、できる限りの市販品は避けて(そのうち避けられなくなるのでしょうが)、味覚を培って行きたいです。この先の難関は夏のアイスクリームかな。。。本で知っていて、ままごとで遊んだ事はあっても、まだ食べた事が無いレミです。

身長は91cmくらい、体重12kg(35.5”/27lb)どんどんのびています。

Happy Holidays!

Thank you so much for such a wonderful year of 2014. I hope the year 2015 will be as entertaining and adventurous as the last one.

Did you have any activity requirements in your family growing up? Mine was tennis. My parents were both frequent tennis players, so I had to attend their Sunday practice with my sister at a very young age, without a choice. Roy and I go to galleries and museums together a lot. Remi began joining us at 2 months, and obviously she had no choice!  She loves any outing to start with, and she has been behaving pretty well and is somewhat interested in seeing the art. Around last summer, I started to notice that she shows more emotion around the work. She would smile and say “Kirei ne~”(means it’s pretty, isn’t it? in Japanese), or get scared of some sculptures, then lead us to see other works she’s more interested in. Seeing her like that makes me very happy, and I feel that she is really one of us! Our family activity will continue throughout 2015 and beyond (or until she loses interest).

I’d like to share some of our favorite art shows from last year.

——————-

1) Jacob Hashimoto, Mary Boone Gallery : October

hashimotoDSC00517

DSC00497e

————————–

2)Tara Donovan, Pace Gallery : June

DSC05912c

FUJI7477c

——————-

3)Swoon, Brooklyn Museum : May

DSC03581

DSCF4208c

———————-

4) Louise Bourgeois, Cheim & Read : November (until January 10)

DSC01544c

FUJI6494

——————–

5)Juan Muñoz, Marian Goodman Gallery :December (until January 31st)

DSC02879

DSC02889

nengajoh2015

あけましておめでとうございます。

久しぶりのポストが、新年のご挨拶になってしまいました。書いた記事が夏から10件も溜まっていたのですが、未完だったり、写真が決まらなかったりで載せずに過ぎてしまいました。ま〜、大した内容ではないのですが個人的には記録ということで、この先載せて行きたいと思っています。今年の年賀状は家族3人の地下足袋で、大きさは30cm、23cm、そして13cmです。

昨年も沢山の方にお世話になった1年でした。どうもありがとうございます。今年も去年以上に、アートも食べ物も家族との生活も満喫出来たら嬉しいです。

うちの家族の年末は、旅行を計画しつつも、私の歯の手術等で流れ、ばたばたと過ぎ去ってしまいました。おまけに娘レミはがっつり風邪を引き、術後、流動食である私が料理もしないので、大晦日イブのパーティーもお正月料理も無い幕開けです。夫のロイは私達の世話でクリスマス休暇が終わってしまうようで、ちょっと気の毒かな。。。お正月のお祝いは半月後くらいに改めてやりたいと思っています。

みなさま素敵な新年を!今年もよろしくお願いします。

FUJI4976

Skull rice, chicken in red pepper sauce , fish cakes, tortilla de patata, salad. Featured on Fox 5.

www.myfoxny.com/Clip/10685303/bento-box-art

先日、お弁当に関しての事で、TVニュースの取材を受けました。デザインよりも”家族への愛情による制作”だろう、という質問の流れが予想外で、しどろもどろの私でした。

今年のハロウィーンは、メキシコの死者の日をテーマにしたパーティーをするので、関連でお弁当も華やかなドクロです。

Rfive Design

Flavor Palette

Shop

Book