You are currently browsing the monthly archive for October 2010.

Mexico born Frida Kahlo is famous for her drama-filled life, self-portraits and her thick eyebrows. I used beef shogayaki with basil flavored rice to create the hair. I drew the eyes too large so it’s a very cartoon-like Frida.

There are two Frida related books that I recommend:

Frida’s Fiestas is a cook book. It introduces colorful party food and is organized according to what Frida might celebrate in a typical Mexican month. One of the writers is a daughter of Frida’s husband, Diego Rivera.  It’s very interesting to take a peek into the peaceful moments she shared with her stepdaughters, because Frida’s life with Diego was filled with drama.

Another book is The Diary of Frida Kahlo. Her ideas and thoughts are illustrated by her in a creative manner that most likely wasn’t meant for public consumption. Its an intimate look into her processes, which is an opportunity to see how her life and art converged at a particular point in time.

メキシコの画家、フリーダ・カーロは頭の辺りに薄切り牛肉をごはんに詰め込み、生姜焼き弁当にしてみました。目が大きすぎてマンガちっくになってしまいましたが印象的な眉毛が判るでしょうか。(もっと力強いほうが良かったな。。。)

フリーダと言えば眉の繋がった迫力のある自画像と激しい人生が有名ですが、画集ではない私の好きな本が二つあります。


Frida’s Fiestasという料理の本はフリーダが実際に催した会食の様子が月のイベントごとに紹介されていて、メキシコの家でのカラフルな食卓を再現した写真は見るだけでも楽しいです。 著者の1人は夫のディエゴ・リヴェラの娘さんで、義理の娘との平和な交流が垣間見える様で、激しいドラマの話ばかりの中ちょっとほっと出来る様な気がします。

もう一つは日記、The Diary of Frida Kahlo。アーティストのアイデアやメモや色々な事が書きなぐってあるものはその人生と芸術が交差する時間があるようで、完成された作品とまた違った魅力を感じます。


Advertisements

Rfive Design, Fall 2010

秋の新作”ランゲージ・ハット”です。

Clafouti, also known as clafoutis, is one of the easiest desserts to fix. It’s French in origin, usually made with cherries, but It also work well with other fruits, such as apple, pear, and any berries…. 

This might be the only baked sweet I’ve been keep making since when I was a kid, and the combination of pear & almond one has been my favorite these days.

The word Clafouti/ Clafoutis is really that familiar with Americans. They often mistake it for flan with fruits. But I am proud to promote the dessert with the accent on “fou” as the French do, even if they laugh at me!

Ingredients
* Fruits / 300g strawberry (or  3 pears for Pear Clafouti)

* 200ml  milk
* 100ml heavy cream
* 50g  butter (unsalted)
* 3 eggs
* 40g  flour
* 1 lemon (juiced)
* a pinch of vanilla essence
* half cup of sliced almond

* For the base, you can either use a 10″ pie crust, tart base, Graham cracker crust or no base at all.

1. Preheat the oven to 350F.

2. If you are not using a crust, set a baking pan or mold with parchment paper.

3. Roast the sliced almonds in a frying pan on high heat, shaking constantly.

4. Cut the fruits: (strawberries- cut in half or keep whole if they are small. Pears- peeled & sliced)

5. Melt the butter and add to sugar in a bowl, then mix well with all remaining ingredients except flour.

6. Add flour and lightly mix with spatula.

7. Arrange the fruits in a spherical pattern on he bottom of the base, then pour in mixture to fill the base. Sprinkle with sliced almond.

8. Bake for 30~ 40 minutes, until the top is golden brown. Serve at room temperature, or chilled.

急な来客があったのでクラフティを作りました。

これはお菓子の中で唯一子供の頃から作っているものです。つまりとっても簡単な焼き菓子なのですが色々試した結果この生地に洋梨とアーモンド、というのが最近の定番です。

材料も揃っているし、混ぜて焼くだけ、と思いきや、お客人のひとりは美味しそうな洋梨を持参してくれて、もうひとりには前回もこれを出した事に気付き、急遽苺に変更しました。苺はよく行く八百屋さんで閉店寸前におまけでもらった熟れきった苺で丁度良かったです。

”クラフティ”というのは周りのアメリカ人には全く馴染みがないらしく、ああ、果物入りのフラン(焼きプリン)?。。。等とあっさり言われますが、フレンチ風に”フ”を強調して(フランス語圏の友人の受け売り)クラフティと言っては失笑を買っています。

作り方はこちら


夏休みの最後、引っ越し先の整理もそこそこ、コペンハーゲンへ行ってきました。

旅行といえばアートとおいしいもの中心で、名所なども素通りしがちな私達夫婦ですが、短いながらも期待以上に満喫できた8日間でした。コペンハーゲンは古めかしい煉瓦と実験的なガラス張りの建築が共存する美しい町でぶらぶらするのに最適です。

初日からとにかく気に入ったのがサワードウのライ麦パンです。これは多少の違いは判る物のはずれがない感じでそこら辺のカフェで頼んだものでも必ずおいしいパンが出てきました。スカンジナビアというとスモークサーモンなどのオープンサンドイッチを連想していましたが、デンマークではsmørrebrødといって様々な物をパンに載っけたものが食べられている様です。(本も買っちゃいました。)

つづきはこちら。

Rfive Design

Flavor Palette

Shop

Book