Musée Jean Cocteau / Collection Séverin WUNDERMAN
2, quai Monléon  06500  Menton

This weekend the city of Menton, in the French Riviera, celebrated Jean Cocteau with a new museum. This came about because of a generous donation by an American collector, Severin Wunderman.The fantastic building was constructed specifically to showcase Cocteau’s works, designed by architect Rudy Ricciottin. Cocteau had a special relationship with city of Menton in the 50’s. He created a number of artworks while there, and was also commissioned by the city to complete a mural in City Hall. Cocteau also designed his own museum in a small and abandoned fort, “Le Bastion”, which was later transformed into the Musée Jean Cocteau in 1966.

I’ve always admired this multi-disciplined artist and visited Menton in ’98.  Besides “Le Bastion, Menton was very fun to walk around and was very cosmopolitan, I felt like seeing people from Cocteau’s set of drawing. I’d like to plan another trip there sometime in near future. (I need to convince my husband first!).

今週末、イタリア国境に近い南フランス、マントンという町に詩人/芸術家のジャンコクトーの新しい美術館が開館したそうです。

もともとマントンには本人がデザインした小さな美術館(廃墟になっていた要塞を市長にかけあって譲り受け、自ら修復)と、市庁舎には実際に結婚式が挙げられる”結婚の間”に壁画があり、コクトーファン(私です)にははずせない土地なのですが、新しく加わる美術館は規模も大きく、建物自体がアート作品の様です。アメリカ人収集家の作品の寄贈によって実現したそうです。

私も十数年前母とマントンを訪ねたのですが、この海辺の街は町並みもかわいらしく、雰囲気がとても魅力的な土地でした。混雑したニースの後 に行ったのでよけいにゆったりと散策出来たのかもしれません。コクトーは漁師と女を題材にした連作を残しているのですが、行き交う人々は 多国籍な感じの人が多く、まさにこの連作に出てくる様な印象を持ったのを覚えています。
ところで、十数年前のフランスでは一緒に行った母は何度もナンパされていて、私がかわりに断ると”子供は黙ってろ”などと言われたので、フランスは大人の女の国だなあ。。。とつくづく痛感した思い出があります。

パリ郊外のMilly-La-Foretという町の、1963年に亡くなるまで晩年を過ごした一軒家も去年、美術館として生まれ変わっているので、なるべくはやく次回のフランス旅行の計画を立てたい所です。

Advertisements