You are currently browsing the monthly archive for December 2011.

I hope you all are having beautiful holidays!
We hosted Christmas dinner at our home with Roy’s family, so it was a quite busy week, so now, we are trying to do very little and relax for the coming New Year.

I estimated that it would take 5 days of work to get ready for the Christmas meal, so Roy could shop for groceries & I can cook gradually. The menu wasn’t big and no one in the family eats that much, so I thought this would be an easy plan to follow. For some reason, I started with this gingerbread house, which took forever to finish. It is modeled after one of the houses in Park Güell by Antoni Gaudi. I ended up improvising a lot of it, which was difficult, but if I make another one, I’ll improvise again! I’ll save the pattern for the next time, even if I don’t stick to the plan.

This year, I created the menu as a tribute my family in Japan. My mom was planning to visit us for this holidays, but for several reasons, she needed to postpone the visit. She lives in Sendai, where the epicenter of the earthquake last March.  This was the first Christmas my mom didn’t celebrate for as long as I can remember. She is very into decorating her apartment & cooking a special Christmas meal for guests, but this year, she lost most of her tableware and favorite dishes, which is one of the reasons why she was not in a festive mood.

I tried to come up with a few dishes to remind myself my mom’s Christmas, and imagine what it might be like to prepare the meal with her. Both the Bûche de Noël and Strawberry Mousse are her standard desserts, and we always had icebox cookies in the fridge when I was growing up. A paella is one of her regular dishes too. So after practicing a few times, I made a pesto paella. I needed to check with my friend in Spain if I can still call it paella, (she said yes) and I drew a poinsettia with red peppers on top.

I guess little of the meal was familiar to Roy’s family’s traditional Christmas meal, but I’m thankful that they dealt with my choices.

*
クリスマスも無事終了、今年が終わる前に記録を載せておきます。

今年はうちに11人が集まりました。年配者が多かった事もありメニュー自体もも量としてもあまり無理せず用意できました。
ただし、クッキーハウスやデザートなどのお菓子類には思ったより時間をかけてしまい、大幅に予定が狂いました。クッキーハウスはガウディのお家の一つ(バルセロナ、グエル公園の正面玄関のもの)をイメージ。。。。というより再現しようとしましたが叶わず、大部分が創作です。屋根の形に悩んだ末、マシュマロを溶かしてこんもりとさせました。大まかには想像していた形になりましたが、修正したい点が幾つもあるので、もう一度作るときはもっと上手く出来るかと。。。こういう物はいつも思うのですが、結局次回は違う形にしてしまう様な気がします。
それからやりたかったのがパエリャです。ペスト味のご飯に赤ピーマンでポインセチアを描きました。”こういう味付けでつくるけれどこれでもパエリャと呼んでいいのか”、とスペインの友達に確認などしつつ2回程の練習の末できあがりました。当日は3倍の量だったので少々感触が変わりましたが、一応”ペスト・パエリャ”です。
ケーキは実家の母がクリスマスによく作るビュッシュ・ド・ノエルと、これまた帰国の度に作ってもらう苺のババロアを私はケーキで挟んでドーム型にしました。実はこのクリスマスは仙台に住む母がNYに来るという予定だったのです。が、今年は地震のあとの様々な仕事があり、更に色々な事情が重なり延期になってしまいました。聞く所によると気に入っていた物やとっておきの食器類はほとんどが地震で割れてしまい、今年はクリスマス料理どころではないとの事だったので、こちらではトリビュートのような形で私の実家のクリスマスに馴染み深いケーキやクッキーなどを並べてみました。
叔母に持って来てもらった大きな七面鳥以外はこちらの(夫の)家族にとってはあまり馴染みのない物が並びましたが、とにかく集まって飲み食いするには十分と思って頂けたのではないかと思います。
それでは良いお年を!
.

Pesto Paella

Strawberry Mousse Cake

Bûche de Noël

Ginger Bread House

Christmas is coming in a week, and I’m still thinking about the holiday menu. I’m trying to come up with little Christmas twist for every dish to make our table festive. We had a very easy Thanksgiving last month at Donna & Vincent’s apartment (aunt & uncle), so Christmas is our turn. We are hosting 12 people dinner.

Before Thanksgiving, we celebrated Isabel’s birthday.  We also wanted to practice serving a sit-down dinner, as we have had a few dinner party requests. Compared to our regular finger food madness, the preparation was much smoother, and we feel as if we didn’t have to rush anything (a lot usually gets done at the last minute!). We learned a lot about how to time the serving of each course. We also enjoyed the evening with excellent company.

Purple was the theme and this was the menu.

Purple martini (紫のマーティーニ)

Bacon wrapped plums(プラムのベーコン巻き)
Purple potato chips & purple corn chips with ricotta lemon dip(紫芋のチップス、紫コーンチップスとリコッタ・レモンディップ)

Beet vichyssoise(ビーツの冷製スープ)

Fig-prosciutto mousse on flower pastry(イチジクと生ハムのムースの小さなパイ)

Ginger beef and burdock on purple rice(牛蒡と牛肉の生姜風味と黒米入りご飯)

Vanilla-blackberry parfait(バニラとブラックベリーのパフェ)
Blueberry cheesecake(ブルーベリーチーズケーキ)

Have a Wonderful Holidays!

あと1週間でクリスマスということで準備に追われています。今年は先月の感謝祭が”お呼ばれ”でラクをした分クリスマスがうちの担当です。何事もシンプルに、という主義の(夫の)家族ですが、おいしい物好きも多いし、うちに来る時くらいは華やかにと思い、あれこれと考えつつも未だにデザイン画の段階です。ただ、実現するかは別として、この計画の段階が私には一番楽しいです。

感謝祭の前はフレーバーパレットのパートナー、イザベルの誕生日がありました。仕事としてはいつもフィンガーフードがリクエストされるのですが珍しく着席ディナーのお話を頂いたので、練習を兼ねたコースメニューにしてみました。今回は全てを紫色にしたので、思っていた材料が揃わず色を出すのに慌てたりもしましたが、フィンガーフードの細々とした作業が寸前迄ないのはかなり楽でした。温度やタイミング、給仕係を雇うのがいいか等、色々参考になりました。

日本の皆様はお正月がやはり山場でしょうか、素晴らしいホリデーシーズンをお迎えください。

Sahadi’s / 187 Atlantic Avenue, Brooklyn, NY (nr. Court Street)  718-624-4550
Monday-Saturday: 9AM – 7PM     Sundays: Closed

先日カテゴリーに日本語を表示する作業をしていたら、タイトルにブルックリンとついているのに、この界隈についてのポストが全然ない事に気がつきました。
そこで私がブルックリンで、というよりニューヨークで最も愛するお店をご紹介したいと思います。

古めかしい雰囲気のサハディ(Sahadi’s)は中近東の食材を中心に置くお店なのですが、バラエティに富んだ品々が並んでいます。ナッツ類や穀物、乾物、オリーブ各種などは量り売りです。この売り場は人気なので週末や平日の夕方はあまり広くない店内がぎちぎちに込み合うので整理券を確保して順番を待つ事になります。
ほどんどの人が買って行くのではと思われるのがお総菜売り場にあるオリジナルのフモス(ひよこ豆のペースト)です。うちではこれとタラモサラタ、生ハムなどとスパイスたっぷりのナンが常備食となっていて、朝食は大抵この組み合わせです。
よそのお店にも卸しているオリジナル商品の他、チーズやスパイス、オイルの種類も豊富、中近東やヨーロッパからの珍しい輸入品も多いので、料理好きや食べる事好きの友人知人を案内すると大抵狂喜されます。
今の私達のアパートからは徒歩15分ほどですが、引っ越す前はどの物件を見てもつい”ここからサハディまでは。。。。?”と行き方をシュミレーションしてみていた程、私達の食生活には重要なお店です。

市内在住の方にもお薦めですが旅行者の方がお土産探しに覗いても楽しいかと思います。12月はホリデー用品の特別店舗が同じ並びにオープンしています。(日曜がお休み)

ある日の買い物(…の一部)

Rfive Design

Flavor Palette

Shop

Book