P1120575cGingerbread Guggenheim Museum

This year, my gingerbread building was modeled after the Frank Lloyd Wright-designed Guggenheim Museum in NYC. The morning of my construction day, Roy sent me a link to a great set of gingerbread architectures, and the Guggenheim Museum was one of them. I almost changed my plan, but there was comparison, since I lacked ambition.

This is my 3rd attempt to make a gingerbread building using an architectural model.  I do like the idea of an edible house that we eat. It is fun thing to do!  I also enjoy making the pattern for it.  I also realize how much I dislike planning. By the time I started to use icing to construct the building, I had no intention of making it look clean anymore. And this is very messy work! I was supposed to bring a cake to our family Christmas dinner, so I thought it was a good idea to cheat and make the round part of the Guggenheim with a vanilla cake.

One good thing was that this year’s cookie better than before. And Roy had no problem tearing down the building right after the photo shoot (as he does every year). The cookie lasted only 2 days.

At this point, I think I won’t try to copy anything famous next year. But I might change my mind a week before Christmas!

自分がテキトーな人間である事は自覚してるのですが、ここ数年、クリスマス前のある1日は最大級でそれを感じます。それはお菓子の家/ジンジャーブレッドハウスを組み立てる日です。

クッキーでおうちを作って飾りそして食べる、というアイデアが好きなのと、楽しい事は楽しいので(多分考えている時間が一番楽しい)、数年前から毎年試みているのですが、アイシングを漆喰にしていく作業が始まると、これほど自分に向かない作業はないな、なぜ作る事にしたんだっけ?と考えてしまいます。そしてグダグダに組み立ててしまいます。

モデルにする建築を選んでも、完成した物は単にインスピレーションを得ただけのような状態なのですが、毎回作りながら、もう一回もっと精密に作ってみよう、と実現した試しのない野望を抱いています。そして年が明けた頃には忘れています。

今年はニューヨークにある、グッゲンハイム美術館をお手本、にしてみました。美術館の設計はフランク・ロイド・ライト。私なりの型紙を作るのは結構楽しいのですが、この段階で、多くを省略するので、始めからかなり適当です。更にずるをして、丸みのある部分はケーキで済ませました。このケーキは写真用に飾ってその日のうちに家族の集まりに持って行き、食べました。クッキー部分は即座にロイが責任もって解体し、2日がかりで食べてくれておしまいです。(早い!)

DSC04692

Advertisements