You are currently browsing the category archive for the ‘にほんご’ category.

We visited the Frieze Art Fair on Randall’s Island. It was short, fun ride on a ferry, then viewing a variety of art pieces, including the art crowd. It was a perfect spring afternoon. I only wish If my daughter wasn’t so excited to pull my hand all the time, I could walk around with a glass of red.

The place was nicely laid out. Whenever we visit a art fair with Remi, I sense that gallery people get nervous around toddlers, as many booths are very small. This time I felt that people there were very relaxed and very friendly with us in their space.

 

Frieze New Yorkというアートフェアを見に、ランダルズ島へ行ってきました。マンハッタン島北部、イーストリバーに浮かぶ島へは色々行き方もあるようですが、私たちはフェリーで上陸しました。美術館やギャラリーより、特にアートフェアのブースは子連れで入って行った時のギャラリーの人のピリピリした感じがいつも伝わってくるのですが、この会場は広く開放的なレイアウトだからなのか(私の主観ですが。。。マンハッタンじゃないし)、各ギャラリーの人も皆リラックスした風で感じよく、歩きやすかったです。ただ、ギャラリー側のピリピリしてしまう気持ちもとてもよくわかります。展示物のある場所で、よその子が走ったり、親から離れて作品に触ったりしていると私もぎょっとします。100%親の責任ですからね。

レミはちょこまか動くタイプではありますが、小さい頃から色々見に行っているので、アート作品周りでのマナーは、もう判っています。ただ、それを過信したくはないので私も夫も目を離さないとは決めています。場所と作品によりますが手もつないでいることも基本です。なので私がワイングラス片手にぶらぶら見て回れるようになるまでは。。。あと何年かなあ。。。。とは言っても途中休憩してワインは飲んできましたけど。年齢とともに色々感想や疑問などを教えてくれることも増えたのはボーナスかなあとも思います。

展示はバラエティーに富んでいて見ごたえがあり、思いつく有名どころのコンテンポラリーアーティストの作品もほとんどある感じでした。ロイは生徒の引率も兼ねていて半分別行動だったので忙しそうでしたが、レミは大好きな友達(私の)が遊んでくれて、フェリーに三回も乗ったので、大満足の1日でした。

Advertisements
This year, we celebrated Remi’s birthday three times; at home, at her school, and at a hotel in our neighborhood.
It has been such a crazy & wonderful five years, and we’re so grateful to have this little girl in our lives.
1 Hotel Brooklyn Bridge is a new boutique hotel, right by the Brooklyn bridge. We had a great Manhattan skyline view, and the hotel staff were very nice, they gave Remi the birthday message & sweets in our room. Now the 5 year old wants to live in the hotel forever…
 
This was the last of 3 cakes I made this week. It was 3 different kinds of chocolate cake.
Yeeey, nice hotel!
The view from our room. I was happy to see the ferry terminal and the baby playground, where we used to come a lot when Remi was a baby.
Remi-pizza for the birthday night.
remiupk
Cup cake ships for the pirates party @ school.
++++++++++++++++
娘、レミは5才になりました。未熟児で生まれましたが、今の所大きな病気も怪我もなく、活発なこどもに育っています。
今年は盛大な誕生会をするお友達が多く、本人はクラスメイト全員呼ぶつもりだったようでしたが、色々考えた末、小さなお祝いを3回に分けました。自宅、学校と最後はホテル滞在でお祝いしました。近所の新しいホテルはブルックリンブリッジが目の前で、レミは部屋に入るなり飛び跳ねて喜んでましたが、窓からは赤ちゃんの頃によく行っていた遊び場とフェリー乗り場(用事も無いのによく乗っていた)が見えて、私には感慨深かったです。
普段泊まることのないニューヨーク市内のホテル滞在が楽しかったので、毎年恒例にするのもいいかという夫とホテル好きで検索好きの私も盛り上がった誕生日でした。
ちなみにケーキも3回作ったのですが、3つともチョコレートというリクエストだったので、種類の違うものを3回、なんだか作りすぎて腕が上がった気になってしまいます。学校用はカップケーキを入れる紙の船と旗を作るのに時間がかかりましたが、子供達に一応海賊船だとわかってもらえました。最後のケーキはシュガーペーストで包んだのですが、あまりにも甘いのでレミには剥がして食べるように言ってしまいました。でも、マシュマロの味だと喜んでました。マシュマロがわかったことにびっくりです。

レミが生まれた年から、ジンジャーブレッドハウスをクリスマスに作り続けています。
毎年、嬉しくなって作ってみては、技術不足のためいろいろ不都合があり、近いうちにもう一回作り直そうと思いつつもその時間がないまま次のクリスマスが来てしまいます。
今年はクリスマス前に用意する余裕がありませんでした。前日慌てて小さな家を作ってケーキにのせ、とりあえず恒例行事をクリアしました。小さい家ですが、コドモにほいっとあげるにはクッキーとして大きいので大興奮でした。
ついでに記録しておくと、今年のメニューはこんな感じでした。

  • バジルのトルティーヤ
  • エビのミニキッシュ
  • ポテトサラダのクリスマスツリー
  • 水菜と大根のクリスマスリース
  • 三角のちまき(母の作)
  • ターキーの和風丸焼き
  • サーモンのハーブ焼き
  • チョコレートケーキとジンジャーブレッドハウス
  • 小松菜のカップケーキとクリームチーズアイシング

世代交代により、今年からニューヨークでの家族の集まりは全て夫と私の担当になりました。持ち寄り時代が懐かしいです。。。ロイの家族のほとんどが高齢なので、ホリデーの食事は量を作りすぎないように気をつけてはいるのですが、今年は私の母が滞在中だったのでリクエストに答えてターキーの丸焼き、に加え夫が大好きなサーモン(巨大)も買ってきたので結構な量になりました。ターキーを焼いたのは先日の感謝祭に続き二回目です。

一番手間がかかったのがホワイトチョコレートの木や雪の飾りでした。私の母がクリスマス好きなので、ちまちま飾り付けをしたものやパーティー料理は喜んでもらえたようでした。

11月も半ばになりましたが、うちではようやくハロウィーンの飾りがほぼ姿を消しました。アメリカではもうすぐ感謝祭で、街にはオレンジ色の秋らしい飾りが溢れていますが、私はさほど興味がないので、クリスマスの用意をぼちぼち始めています。
今年のハロウィーンは4歳になったレミが、はじめて近所でお菓子をもらいに(”トリック・オア・トリート”と言ってお菓子をもらう)行った記念すべき年になりました。去年はお菓子への執着もなし、コスチュームも強いリクエストは、なし。。。なので本人がこの日についてはっきり理解したのは去年の当日だったようで、この1年ず〜っと心待ちにしていようでした。季節が変わってもハロウィーンの歌を歌い続け、一人おままごとでも”吸血鬼”とか”ゾンビ”たちとお茶していたりする彼女の姿には、長年真面目にコスチュームパーティーをやり続けてきた母としては、血の濃さを感じます。
当日の料理もレミのコスチューム(春頃から希望していた、魔女)に合わせたメニューをいろいろ考えて、張り切っていたのですが、なんと私が胃腸炎になりそれどころではなくなってしまいました。アブラ汗をかきつつも、週末の子供のパーティーと当日の学校のイベントには連れて行けたのですが、食事会は問題外でした。私をよく知る友人たちにはこの日のキャンセルを驚かれ、病状をだいぶ心配されてしまいました。その後回復しましたが、メキシコからちょっとづつ買ってきている”死者の日”のガイコツの飾りや、今回作ったコスチュームなど、ちょっと心残りでなかなか仕舞えませんでした。
でも今更ですが、ハロウィーンは子供が主役なんですよね。レミの学校のクラスメイトたちもみ〜んな可愛くて、登校時から盛り上がりました。

Remi's first

2016

あけましておめでとうございます。2016年が皆様にとって平和で健やかな年になりますように!

3人で迎えるお正月も4回目になりまし た。

3才のレミは写真向けの愛想笑いもマスターし、おしゃべりも口答えもおもしろく、どんどんどんどん成長しています。大晦日まで旅行に行っていたので、何もしない元旦でしたが、2015年は1年中ばたばたしていたので、今年はすこしゆったりと過ごしたいものです。

レミはパートタイムでプリスクールに通うようになりました。今年の秋からはプリKが始まります。 (4才からキンダーガーデンの準備年。5才から1年生になる前のキンダーガーデンという学年で義務教育。) NYではこのプリKから無料のプログラムも(選べば)あり、ついに週5日の学校生活が始まるということです。本人は学校が楽しくて、ほくほくと通っているし、私もこの先、滞っている仕事や創作ができる喜びも大きいのですが、今年を最後にこの社会のシステムに組み込まれていくことを考えると、子供の成長に感慨深いのと、もっと一緒に遊んでいたい残念な気持ちが入り混じります。レミは他の子にも学校にも興味津々、ロイはとにかく外に出したい主義なので、複雑〜、というのは私だけですが。。。

新年会は1週間遅れで友達と集まりました。
2 年ぶりに和風のお正月料理に挑戦し、色々手に入らない苦労はありつつも面白かったです。いつものパーティーの”和風”なものより、もう少しちゃんと和食だったので、伊達巻きや煮物などの甘さが受け入れられるかと不安はありましたが、大人8人子供2人で、あっという まに重箱が空になりました。むしろ足りなかった感じで、反省です。個人的にはおせちで食べる物が決まっているので、蒲鉾や数の子など私自身が食べない物は用意しませんでした。母が作る伊達巻きとごぼうを、一応再現出来たのが嬉しかったです。黒豆は買い置きがあったのですが、味が今一つで、急遽ひじきと大豆に替えました。これは味付けに柚子胡椒を入れたのが中々良かったので普段の食事に定着しそうです。皆、結構まんべんなく取って食べてくれました。

私は早い段階で着物や飾りや追加分をあきらめたので....と、早い段階で飲み始めたの で、テンパらずにお客さんと楽しく過ごせました。ロイは準備中に2人の子供(イザベルが息子連れで手伝いに来てくれたので)をまかされて、いつになく大変だったのか食後は日本酒のピッチが早くなっていました。

毎年は無理そうですが何年かおきにおせちを作るのもいいなあと思っています。

もう一人くらい日本人がいれば着物も着れるんだけどなあ!

24020046530_c64dd7baac_k
 24233108281_45dc55d525_k
24020036160_cf103fb93e_k

16130804218_5fa3091670_o(Tyrannosaurus)

16292418626_f003454302_o(Stegosaurus)

恐竜のお弁当、4連作です。

4つもあるのは、”キャラ弁”制作をリクエストされた為、練習した分も入っているからです。先日、日本のTV局の取材があり撮影して頂きました。
これと言って”キャラクター”が思いつかなかったので、恐竜好きの2歳児にヒントを貰いました。とは言ってもレミは図鑑を見て種類を暗記、などと いう本格的なものではなく、顔の横で手を広げ“Dinosaur, grrr! (恐竜だよ、がお〜)”と言うのが、親にとっては面白い芸、と言う感じです。うちにあるヌイグルミは草食のかわいらしいアパトサウルスなのですが、レミにかかると結構荒々しく襲ってくるので、多分”モンスター”も恐竜の仲間に認識されていると思います。

3枚目が最初に制作した、私の想像上のもので、恐竜と言うよりどうも怪獣色が強いのですが、あとから図鑑を見たらイグアノドン (Iguanodon)風ではないかと。。。まあ、大葉のギザギザが可愛いかと使ったのが余計でしたね。
他 のの3つはティラノサウルス (Tyrannosaurus)、ステゴサウルス (Stegosaurus)、アパトサウルス (Apatosaurus)と有名どころを一応(イメージを検索して)参考に作りました。緑のご飯はパセリ、ピンクは梅干し、そしてステゴザウルスのオレンジ色は人参でした。一 応味付けをして、ふりかけご飯風なのですが、今回の人参ご飯はロイにもレミにも不評でした。がっかり。下のバジルとは合うと思ったんですけどね〜。

16112093697_889f3f74c8_o(Iguanodon)

apatosaurusDINOSAURbentoFUJI8549(Apatosaurus)

nengajoh2015

あけましておめでとうございます。

久しぶりのポストが、新年のご挨拶になってしまいました。書いた記事が夏から10件も溜まっていたのですが、未完だったり、写真が決まらなかったりで載せずに過ぎてしまいました。ま〜、大した内容ではないのですが個人的には記録ということで、この先載せて行きたいと思っています。今年の年賀状は家族3人の地下足袋で、大きさは30cm、23cm、そして13cmです。

昨年も沢山の方にお世話になった1年でした。どうもありがとうございます。今年も去年以上に、アートも食べ物も家族との生活も満喫出来たら嬉しいです。

うちの家族の年末は、旅行を計画しつつも、私の歯の手術等で流れ、ばたばたと過ぎ去ってしまいました。おまけに娘レミはがっつり風邪を引き、術後、流動食である私が料理もしないので、大晦日イブのパーティーもお正月料理も無い幕開けです。夫のロイは私達の世話でクリスマス休暇が終わってしまうようで、ちょっと気の毒かな。。。お正月のお祝いは半月後くらいに改めてやりたいと思っています。

みなさま素敵な新年を!今年もよろしくお願いします。

FUJI4976

Skull rice, chicken in red pepper sauce , fish cakes, tortilla de patata, salad. Featured on Fox 5.

www.myfoxny.com/Clip/10685303/bento-box-art

先日、お弁当に関しての事で、TVニュースの取材を受けました。デザインよりも”家族への愛情による制作”だろう、という質問の流れが予想外で、しどろもどろの私でした。

今年のハロウィーンは、メキシコの死者の日をテーマにしたパーティーをするので、関連でお弁当も華やかなドクロです。

DSC02890_REMI(2才1週、準備されたものを拒否、初めてシャツ+ジャケット+ブーツを自分でチョイス。)

DSC01440

娘のレメディオスが2才になりました。

誕生日の1週間前あたりから、突然今まで見たことのない強い主張がぽつぽつ出始めて、ほほ〜、これが噂の“魔の2才”か〜、と感心することしきりです。

2才検診では10.5kg、81.5cmで健康面も発達面も順調です。この何ヶ月かは足だけにょきにょき伸びている感じがします。成長グラフの圏外から始まってずっと一番下のほうでしたが、今の大きさは平均より小さめ、という程度まで大きくなったようです。

鼻カゼ以外は病気もせず、いつもちょこまか活動的です。歌とダンスが相変わらず好きで、よく変なポーズ(とくに両手を羽のように後ろに広げ、斜めに傾いたポーズ)をして止まったり、横に揺れながら歩いたり、前衛的なパフォーマンスも多いです。ダンスクラスでは先生のやることをマネするようになりました。家では鼻歌まじりでよくダンスしているのに、お客さんに見せてと言うとやってくれません。

食事面は半年前から苦戦中です。好き嫌いと言うよりはタイミングと気分的なことが多く、大抵遊ぶのに忙しいせいの様な気がします。スナック風なものだと勝率が高いので、ミニサイズおにぎりや野菜を入れたケーキの角切りなどをよく用意しています。乾杯好きなので飲み物(スープや、スムージー)にもよく頼っています。スナックと乾杯って言うといっぱしのパーティーガールですね、さすがうちの子です。まあ、検診では体重が増加しているので無理して食べさせなくていいとは言われました。

寝る時も今までは、”グッナーイ“と向こうから言われ(まだは眠くてぐずぐずして)ベッドに連れて行っておしまいだったのが、2歳を過ぎたとたん添い寝(母乳が終わってからなかった)のベッドタイムが増えました。しかも眠いのに寝れずに何度も繰り返したりと、今までとは別人のようです。

おしゃべりもかなり増えて、日に何度も演説しています。意味が分かって使う言葉が増えました。”開かない”とか”取れない”とか、訴えてくるのは大抵行動と合っているのですが、大体がわざわざそうしている場合なので、一瞬どうしようか考えてしまいます。今の所、話す80%は日本語です。2語の文章も日本語のほうは少し出てきていますが(ジュースちょうだい、これレミの、など)、英語ではまだ文章になっていません。

面白いのは対人関係です。20ヶ月くらいから急に他の子供に凄く興味を示すようになりました。ちょうど月齢の近い男の子、ギオン君と遊ぶようになったのが大きく影響しているのかもしれません。最初からなんとな〜く気があった様で、似た様な身振り手振りで仲良く遊んでいます。今は公園へ行くとよその子にすぐ近づいていくようになり、特にちょっと年上の子が話しかけてくれたり、遊んでくれるとすぐに手をつないだり、頭をなでたり、かなりフレンドリーです。とにかくどこへ行っても子供が居ると気になって仕方ないようです。社交性があるのは父親似かな。。。。ただ、そのあおりでフレンドリーに周りの子供やその親に接しなければならないのは私にとって試練ではあります。。。。

親愛の情を示すのにはキスするのも大好きで、1年前はぬいぐるみをぎゅーっとやって、んま〜っとキスしてましたが、1才半くらいから私の顔をめがけてくるようになり、ロイや私の友達ルー、ナナなど大好きな人にもするようになりました。前はものすごいひょっとこ顔で近づいてきましたが、最近はいっちょまえなキス顔でん〜、と言う感じです。ギオン君には最初拒否されましたが1週間後からは彼も、んまっとやってくれるようになりました。

誕生日はナナ(私の母)が今年も来てくれたので、家でささやかなパーティーを開きました。少し前からレミは蝶々が好きなようなので、テーマは蝶々にしてみました。本の中の絵も廊下の標本も動画も見る蝶々はすべて指差しちょ〜ちょ!(日本語)といいます。ナナがかぎ針で可愛らしいジャンパースカート(とお揃いのぬいぐるみの服)を編んでくれて、女の子らしく(多分)装いました。髪を結んでないと未だに男の子に間違われますがお猿さんのようだった去年と違い、表情も赤ちゃんっぽさが随分無くなった気がします。。。。プレゼントも今年から自分で包みや箱を開けるのも楽しむし、玩具へも興味があるので1年前に比べるとこちらは選んだ事への満足感を覚えます。1才になった時の変化も大きくて感心しましたが、2才はまたぐーんと違うようです。

1才の1年は凄く楽しくて、もう一回やってもいいな〜と思う位でしたが、この先の変化がやはり楽しみです。どうでしょう、これからがやっぱり大変なのでしょうか??すでに難しい時もちょこちょこ出てきていますが、この時期しかない行動やおしゃべりをおもしろがっていきたいです。

BirthdayCake(バース デーケーキにはライスペーパーで出来た蝶々をのせたので、喜んで食べてみていましたが、いつか本物も口に入れてしまわないかちょこっと不安です。ち なみにケーキは立体的にしようと組み立てたら、春なのに雪山になりました。。。。)
DSC01432s

 

DSC01453

DSC01624s

DSC01555s

Menu

Butterfly butter cookie

Butterfly chips & red pepper dip

Bacon -cheese gougère

Cauliflower salad

Butterfly wholewheat toast

Turkey – parsley tsukume on asparagus

Chimichuri beef on focaccia

Chicken nanban (fried chicken in soy vinegar sauce)

Chimaki (glutinous rice) triangle

Green tea cheese cake

Butterfly birthday orange cake

 

It has been 3 years since the Great East Japan Earthquake & Tsunami, and there are still major issues with the recovery process, housing and contamination. I can not forget this date, and what have happened on March 11th. Again, I remind myself about the loss and hope for the future.

東日本大震災から3年目の春を迎えています。この年月が長いのか短いのかわかりませんが、被災地では、復旧・復興の取り組みが弛むことなく懸命に取り組まれています。個人的にも忘れる事の出来ない日なので、様々な風化防止のプロジェクトを見かけると、とても頼もしく感じます。

Zapuniは音楽と映像で東北大震災の影響を受けた子供たちをサポートするチャリティプロジェクトだそうです。http://zapuni.com

こちらは復興支援情報サイト、たすけあいジャパンhttp://tasukeaijapan.jp/

Rfive Design

Flavor Palette

Shop

Book