You are currently browsing the category archive for the ‘book 本’ category.

3RobbersTomi Ungerer : All in One

January 16–March 22, 2015,

Drawing Center : 35 Wooster Street, SoHo, New York, 10013

DSC04001

フランス生まれのイラストレーター/児童文学作家、トミー・アンゲラーの作品を見に行きました。私は”すてきな三にんぐみ”という本は知っていましたが、作家本人のことは聞いた事がありませんでした。広告や挿絵なども手掛けていただけあって、大胆な発想が印象的で、グラフィックで美しいイラストから、シニカルな風刺画まで楽しい作品ばかりです。原画の質感がどれもとても魅力的に感じました。

毒気のあるユーモアがこども向けではない展示ですが、絵本の知名度からこども連れも多いようでした。でも刺激の強いものはこども目線では見えないようになっていたり、グラフィックで面白いものは目に入りやすくなっていたりと、一緒に行った2歳児も楽しめました。作家自身もとっても興味深いひとの様なのでこれから、彼のドキュメンタリーを見ようと思っています。

レミに”すてきな三にんぐみ” と、”へびのクリクター”という本を最近買って読んであげていたので、3人組のアニメーションには食いついていました。ついでに私のケープが3人組のケープと似ていたので帽子と一緒に貸してあげました。

 

sandwich-1

 

The sandwich book by Pawel Piotrowski. It would be a nice addition to my daughter’s book shelf. I’m sure she will eat it somehow….

via : colossal.com

 

IMG_20140216_152312

“The ABC of It: Why Children’s Books Matter”

Remarkable exhibit presented@ the New York Public Library.

Through Sunday, September 7, 2014

DSC07598

IMG_6050

IMG_6031

IMG_6028

“The ABC of It: Why Children’s Books Matter” @ the New York Public Library

ニューヨーク公立図書館で開催中の“The ABC of It: Why Children’s Books Matter?(どうして子供の本が大切なのか?)”という展覧会へ行きました。夏からやっているのでいつか行こうと思いつつ、やっと機会がありました。子供の本の歴史が、貴重なコレクションと共に、名作も重いトピックもテーマごとに展示されてあるのですが、なんといってもディスプレイが楽しく退屈しません。

内容は大人向けですが、ちっこい人が触れたり乗ったりくぐったりできるものが少数あり、その他はガードがきちんとあるので、忙しく歩き回るレミにも安全でした。一緒に行った人とあれは知らなかった、とか、これは好きだった、と話が弾むのも良かったです。ゆっくり出来る時にまた行きたい!

http://www.nypl.org/events/exhibitions/abc-it

Mexico born Frida Kahlo is famous for her drama-filled life, self-portraits and her thick eyebrows. I used beef shogayaki with basil flavored rice to create the hair. I drew the eyes too large so it’s a very cartoon-like Frida.

There are two Frida related books that I recommend:

Frida’s Fiestas is a cook book. It introduces colorful party food and is organized according to what Frida might celebrate in a typical Mexican month. One of the writers is a daughter of Frida’s husband, Diego Rivera.  It’s very interesting to take a peek into the peaceful moments she shared with her stepdaughters, because Frida’s life with Diego was filled with drama.

Another book is The Diary of Frida Kahlo. Her ideas and thoughts are illustrated by her in a creative manner that most likely wasn’t meant for public consumption. Its an intimate look into her processes, which is an opportunity to see how her life and art converged at a particular point in time.

メキシコの画家、フリーダ・カーロは頭の辺りに薄切り牛肉をごはんに詰め込み、生姜焼き弁当にしてみました。目が大きすぎてマンガちっくになってしまいましたが印象的な眉毛が判るでしょうか。(もっと力強いほうが良かったな。。。)

フリーダと言えば眉の繋がった迫力のある自画像と激しい人生が有名ですが、画集ではない私の好きな本が二つあります。


Frida’s Fiestasという料理の本はフリーダが実際に催した会食の様子が月のイベントごとに紹介されていて、メキシコの家でのカラフルな食卓を再現した写真は見るだけでも楽しいです。 著者の1人は夫のディエゴ・リヴェラの娘さんで、義理の娘との平和な交流が垣間見える様で、激しいドラマの話ばかりの中ちょっとほっと出来る様な気がします。

もう一つは日記、The Diary of Frida Kahlo。アーティストのアイデアやメモや色々な事が書きなぐってあるものはその人生と芸術が交差する時間があるようで、完成された作品とまた違った魅力を感じます。


Barbapapa is a character in a series of children’s books. It was originally written in French in 70’s and later translated into over 30 languages. It’s about a colorful ghost family who can transform into any shape. I originally thought the writer is from Sweden but found out they are French. Barbe à papa is French for cotton candy, or “father’s beard”,

It’s not so popular in U.S, but very popular in Western Europe and Japan. I’m very familiar with the books, cartoons, and merchandise.

As a child, I didn’t own any Barbapapa books, but my cousin had the whole series back then. He lived 5 minutes away from my house and we are the same age, so we grew up together. Barbapapa was his favorite and he always had cute Barbapapa toys & dolls. I wasn’t exactly a sweet girl next door, more like a girl who’ll bring you troubles, so I often teased him for having cute things around. But he didn’t mind and kept holding the dolls and just read me again his Barbapapa books. He was such a nice boy, and I’m sure he still is….

The Barbapapa bento here is with pink ume rice and pesto chicken.The body is a rice ball and more chicken pieces inside. I’m proud of myself for these 8 fingers, adjusted by using toothpicks in the end. Cutting nori for eyebrows was a little tricky, but while searching the images online, I thought of my childhood and my good cousin, so it was worth it.

日本では昔からお馴染みのバーバパパですが、アメリカでの知名度はあまり高くないようです。西ヨーロッパ人なら勿論誰でも 知っているようで、うちにあるバーバ・スリッパを見て騒ぐのはヨーロッパの女の子達です。
うちに本がないのでオンライン検索をしたところ、色々と 知らなかったことが判りました。まず、なぜか私は作者の夫婦がスウェーデン人だと思い込んでいたのですが、本と同じ、フランスのようです。それでバーバパ パをいうのは”綿菓子”、または”パパのひげ”(barbe à papa)という意味らしいです。TVアニメの主題歌も日本版はオリジナルとのことです。知りませんでした〜。

バーバパパというと、幼な じみのいとこを思い出します。小さい頃、同い年のいとこが近所に住んでいていつも遊んでいたのですが、彼がこのシリーズをお気に入りで本を沢山持っていま した。本だけでなく、男の子の部屋なのにバーバパパのぬいぐるみなども並んでいて、私はよくからかったりしたものでした。私はチビで格好だけはかわい いものを着せられつつも、中身は男の子よりワイルドな悪ガキだったのですが、こののっぽのいとこは穏やかで心優しい子だったので、私の攻撃も気 にせず私にこのお気に入りの本を読んでくれたりしていました。懐かしいなあ。

お弁当は見ての通りです。梅ごはんのおにぎりの中身と背景は ペストソースで和えたチキンです。指先(両手で8本)は爪楊枝でなんとなく形づけました。まつげ(まゆげ?)を切るのだけは少し面倒でしたが、昔のバーバ パパの映像を見たり小さい頃のことを思い出したりして楽しく作りました。

食べる本人はバーバパパ知らないんですけどね〜。


Etching Brooklyn by Roy Reid, is available at Amazon.com. It’s like having a little train window in your living room.

So-en Magazine 12, originally uploaded by Los Dragónnes.

Rfive Design is featured in an article in the December issue of the fashion magazine SO-EN(装苑)which comes from Japan. The article is in Japanese, online and in print, and you can see it here. Many thanks to the writer Ms. Soma.

And finally, our website has been renovated. Please take a look www.rfivedesign.com

装苑12月号にRfive Designの記事を載せて頂きました。機会があれば御覧下さいませ〜。


This book just celebrated its 40th anniversary early this year, and it’s been enjoyed by people of all ages. George W. Bush, was asked in a survey to name his favorite book from childhood. He cited Eric Carle’s The Very Hungry Caterpillar. Trouble is, it wasn’t published until 1969 — the year after he graduated from Yale.

I started to make a list of my favorite books from when I was little. My older sister and I had a big collection of books growing up, because my father was a serious book lover. And a lot of them were western books translated to Japanese.

One of my favorites was “Caps for Sale”. I don’t know how many times I tried to layer on hats & caps and walk around like the peddler in this book. I’ve had so many hats, even as a child.

Introducing my first Brooklyn Bento Book! It contains 20 pages with 37 of my bentos. It’s the perfect thing for you or the food lover in your life! Right now, it’s only available here:

By Reiko T. Reid

 

Rfive Design

Flavor Palette

Shop

Book