You are currently browsing the category archive for the ‘earthquake 地震’ category.

It has been 3 years since the Great East Japan Earthquake & Tsunami, and there are still major issues with the recovery process, housing and contamination. I can not forget this date, and what have happened on March 11th. Again, I remind myself about the loss and hope for the future.

東日本大震災から3年目の春を迎えています。この年月が長いのか短いのかわかりませんが、被災地では、復旧・復興の取り組みが弛むことなく懸命に取り組まれています。個人的にも忘れる事の出来ない日なので、様々な風化防止のプロジェクトを見かけると、とても頼もしく感じます。

Zapuniは音楽と映像で東北大震災の影響を受けた子供たちをサポートするチャリティプロジェクトだそうです。http://zapuni.com

こちらは復興支援情報サイト、たすけあいジャパンhttp://tasukeaijapan.jp/

あの震災から1年、3月11日は多くの方々にとって思いを巡らす日となったと思います。

一年前の早朝、私は夫に起こされてコンピューターの前に座らされました。ニューヨークタイムズ1面の“宮城”という文字が津波の写真と共に目に飛び込んで来て、凍り付いてしまいました。
仙台に生まれ育った私には、他の地震の多い土地で育った方々同様、地震への恐怖は常にありました。海外に住むようになると、時々自分の居ない間に町が消滅してしまう、という悪夢を見る事があったのですが、まさかその悪夢に近い出来事が起こるとは思いもよりませんでした。

それから家族の無事が確認される迄の時間は混乱と衝撃であまり覚えていません。

数時間後、姉の携帯メールだけがやっと繋がり、全員の無事は確認されたものの詳しい情報が全く判らず、次の日に母と実際に電話で話すまではコンピューターの前から動けませんでした。日本のニュース番組をそのままストリーム配信してくれた人の映像から暫く目が離せず、先の見当がつかない状態が続きました。

仙台市内でもライフラインが全てとまってしまったので、私の母もTVのニュース映像は見る事が出来ず、後日TVを見て相当驚いたとの事ですが、1年後の今でもドキュメンタリー番組などで初めて目にする被害の映像を見て、改めてショックを受けている様です。幸い震災直後は近所の方々と支えあい、ボランティア活動に忙しくしていた母ですが、その後は家の修復工事や、友人/知人の不幸が判明するなど、長い1年であったと思います。ふとした時に”当時はしばらく暖房も電気もない部屋で外に出れる格好のまま寝ていた”などと聞かされると返す言葉もありません。普通の暮らしを続けられるというのは本当に幸運なことです。

目に見えて早かった道路や主な交通機関の復活(リンク先の写真をクリックすると現在の様子に変わります)は別として、多くの被災者の方々にとってはなかなか進まない復興だとは思いますが、なんとか希望を捨てずにいて欲しいと願っています。

私にとって去年はこの大震災に加え、数人の家族や友人の大きな病気を知らされ、本当に命の尊さを実感した年でした。そして今、私と夫は新しい命を授かり、この春には家族が増える事になりました。この先何があるか全く判らない世の中ではありますが、まずは自分のできることをして、この新しい命を大事に育てようと思っています。

Outside of this post, we will be silent today out of respect for and to better understand the tragedy happening right now in Japan. If you wish to help, please click the above link.

Thank you to Ever Ours and Utterly Engaged.

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)で被災されました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

私達もNYからもずっとニュース映像と情報を追っていますが、時間が経ち被害状況が明らかになるにつれ、その被害の大きさにただただ驚いています。私にとっても出身地仙台を始め、なじみ深い近辺の町の被害を知り言葉もありません。

心配して連絡をくれた方々に感謝いたします。仙台の私の家族は無事との報告を受けました。不自由な中頑張ってくれている様ですが、それでも止まらない余震や福島第一原子力発電所の先行き等、不安要素でいっぱいの事と思います。連絡の取れた友人知人のなかには身内の方に被害を受けた方もあり、離れた所にいる身がもどかしくて仕方ありません。

幾つかの情報をリンクさせて頂きます。

亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、不明者がひとりでも無事に見つかるよう、そして一刻も早い復旧を祈っております。

+++++++++++++

■ 東
北地方太平洋沖地震に関する情報まとめ http://kingyo-goldfish.com/quake

SAVE JAPAN!(災害救援情報まとめ)http://savejapan.simone-inc.com/

■ 災害支援の際に活用できる情報(特に医療/看護職の方)http://www.coe-cnas.jp/keaken/

■ Japan earthquake how to protect yourself 各国語による災害マニュアル) http://nip0.wordpress.com/

炊き出しと緊急避難場所 Meal Supply Map http://reader.bz/feed/87/

■ ネット配信のニュース番組

NHK WORLD (English) : http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/r/movie/

NHK WORLD RADIO (in 17 languages) :  http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/

NHK ラジオ日本 :  http://www.nhk.or.jp/rj/asx/jp/japanese.asx

— 以下は終了の様です(3/27/11)—

NHK-gtv NHK総合テレビ:http://www.ustream.tv/channel/nhk-gtv

NHK-ミラー放送: http://www.ustream.tv/channel/nhk-mirror

テレビ2局同時配信 :  http://www.ustwrap.info/multi/nhk-gtv::tbstv

ビデオニュース・ドットコム : http://www.ustream.tv/channel/videonews-com-live

NHK WORLD (English) :   http://www.ustream.tv/channel/nhk-world-tv

■ 安否情報

赤十字国際委員会-ICRC (“Locate your relatives”) http://www.familylinks.icrc.org

SAVE JAPAN!
http://savejapan.simone-inc.com/

グーグル
http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja

NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/saigai/index.html
災害用伝言ダイヤル「171」と災害用ブロードバンド伝言板「web171」

宮城県警 (安否が分からない人に関する相談ダイヤル)
022(221)2000

無事.me
http://buji.me

■ 避難所情報

http://www.google.com/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011_shelter.html
全国非難場所一覧
http://animal-navi.com/navi/map/map.html

■ 物資の支援
支援はまずは物資ではなく日本赤十字社などの義援金(被災された方へ後日直接配分)、あるいは災害ボランティアセンターや地域ファンドが行う災害ボランティア支援基金などに寄付をお願いします、とのことです。

JustGiving Japan
http://justgiving.jp/npo/

日本赤十字社(義援金についてはもうすぐ開設)
http://www.jrc.or.jp/

Yahoo基金(YahooIDが必要)
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

グル─ポン
http://www.groupon.jp/cid/7995/?qaf=ONL___twitter_jp_charity201103
200円の購入で、400円の寄付が行われます。

民主党
http://www.dpj.or.jp/news/?num=19859
郵便振替・銀行振込で募金が可能です。

※募金、基金、寄付に関しましては現在の状況では、悪質な詐欺サイトも出ている可能性もありますので
上記の様な信用出来る基金をご利用する事をお勧め致します。


■ 育児

災害時の母乳育児相談(FAQ)
http://www.llljapan.org/binfo/faq_saigai.html

地震で被災されたアレルギーの子どものご家族
電話 052-485-5208
メール info@alle-net.com 名古屋から備蓄物資を送ってくれます。ということです。


■ 東京電力の計画停電
http://www.tepco.co.jp/index-j.html

+++++++

(3/14 追記)

被ばく対策

被曝から身を守るには、〈1〉放射線を遮る〈2〉放射線源から距離をとる〈3〉被曝する時間を少なくする——の3点が重要ということだ。屋内退避と言われたら(水・食べ物を用意!)、放射性物質が飛散している外気が室内に入らぬよう、ドアと窓をしっかり閉める。エアコンや換気扇も切る。

避難のため外に出る時は、放射性物質が鼻や口、皮膚の傷口などから体内に入る「内部被曝」を防ぐことを心がける。ぬれタオルで鼻や口を覆う。皮膚を露出しないような服装が望ましい。

また、風向きにも気を配りたい。なるべく風下に入らないように注意する。

外から室内に入る際にも注意が必要だ。衣服には、放射性物質が付着している可能性がある。室内には汚染された衣服を持ち込まず、ドアの前(戸外)で脱ぎ、ただちにビニール袋に入れて口を縛る。発生源からなるべく早く離れること。避難の際は、放射性物質を吸い込むのを防ぐため、ぬれたタオルやマスクで口や鼻をふさぎ、肌は露出せず気密性が高いカッパなどを着用、帽子もかぶった方がいい。風下を避け、雨は濃度が高まる恐れがあるため触れるのは厳禁だ。

放射性物質の一つであるヨウ素は、体内に入ると甲状腺に集まりやすく、特に子どもでは甲状腺がんの原因になる。ヨウ素の甲状腺への取り込みを防ぐ薬(安定ヨウ素剤)は、副作用もあるので、災害対策本部の指示に従って服用する。

一定以上の被曝が確認された場合、通常は、衣服を脱いだり、ぬれた布でふきとったりして、放射性物質の周囲への拡散を防ぐ。

また、体内に入った放射性物質に対しては、排出を促す薬を用いる。

It’s heartbreaking to see this huge disaster unfold in Japan. The epicenter of the earthquake was the coast of my hometown, Sendai.  My immediate family there are all fine. I spoke with my mother and they  are volunteering at the local community center, helping others. But aftershocks continue and other issues are still of concern.

We appreciate your messages and thoughts. We’re hoping for a speedy and safe recovery. We are confident that Japan will overcome this crisis.

This is one of the news(English) we follow. NHK WORLD   http://www.ustream.tv/channel/nhk-world-tv (and NHK WORLD RADIO in 17 languages http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/)

 

++++++ +++++++++++++++++++

 

From the New York Times

Japan Earthquake and Tsunami: How to Help

Updated March 12 | For readers interested in contributing to help victims of the earthquake and tsunami that struck Japan and the Pacific region, here is a list of contact information and links for some agencies that plan to provide relief. (The New York Times does not certify the charities’ fund allocations or administrative costs. More information about giving, for this and other causes, is available online from the GuideStar database on nonprofit agencies and the BBB Wise Giving Alliance.)

Locating Loved Ones

If you are looking for information on people in the quake zone, Google has opened a Person Finder page.

Ushahidi, a crowdsourcing mapping tool, has set up a local platform for Japan that allows people in the area affected by the earthquake to text the location of people who may be trapped in damaged buildings.

Inquiries concerning U.S. citizens living or traveling in Japan should be referred to the U.S. Department of State, Office of Overseas Citizens Services at 1-888-407-4747 or 202 647-5225.

Aid and Charitable Organizations

Each of the following groups have set up fundraising sites specifically for the victims of Friday’s earthquake and tsunami.

AMERICAN RED CROSS
Red Cross officials say donors can text REDCROSS to 90999 and a $10 donation will automatically be charged to donor’s phone bill, or donations can be made directly on its Web site.

AMERICARES
Information is available on the organization’s Web site.

CARE
CARE is one of the world’s largest private international humanitarian organizations. Their offices in Asia are on high alert and have ensured that staff are informed of the tsunami warnings and other related developments.

GLOBALGIVING.ORG
GlobalGiving is working with International Medical Corps, Save the Children, and other organizations on the ground to disburse funds to organizations providing relief and emergency services to victims of the earthquake and tsunami. Donors can text JAPAN to 50555 to give $10, and larger increments can be submitted on GlobalGiving’s Web site.

INTERNATIONAL MEDICAL CORPS
Information is available on the organization’s Web site.

LIONS CLUBS INTERNATIONAL
Information is available on the organization’s Web site.

THE SALVATION ARMY
The Salvation Army has been providing food and shelter to Tokyo commuters who were stranded when public transportation was interrupted by the earthquake. They are to send a team to Sendai, a city about 250 miles Tokyo, to assess the situation there. Text JAPAN or QUAKE to 80888 to make a $10 donation. (Make sure to respond “YES” to the Thank You message you receive.) Donations can also be made on the organization’s Web site or by calling 1-800-SAL-ARMY.

SAVE THE CHILDREN
To make a donation, visit Save the Children’s Web site, call 1-800-728-3843, or text JAPAN to 20222 to donate $10.

SHELTERBOX.ORG
Shelterbox.org is a disaster-relief organization that focuses on providing survival materials such as tents and cooking equipment to families displaced by disasters.

UJA-FEDERATION OF NEW YORK
Information is available on the organization’s Web site or by calling (212) 836-1486.


Rfive Design

Flavor Palette

Shop

Book