You are currently browsing the category archive for the ‘trip 旅行’ category.

DSC00491

Good-Bye Summer, Hello Lovely Autumn! We spent a hot humid summer in Japan, and now we settling back in our Brooklyn home.  Remi and I stayed a month longer than Roy, so we came back home just in time to fill up his lonely life. My sister Aki, who visited NY for the first time, just left, and our regular life started again.

Our first week in Japan was very active, as we tried to meet as many of our friends during our short stay there. Tokyo was crazy hot, but we manage to enjoy our time indoor most of time. We had some concern about Remi’s eating, but going to IZAKAYA (Japanese tapas bars) solved our problem. We could order little simple dishes to cover basics for her to eat, and a lot of times, we could get private rooms. Remi experienced many little celebration to meet up with people, so now she is the expert of KANPAI (cheers), with raising a glass.

I understand Remi won’t remember any of the activities we did, but we did a lot in Japan. Remi visited an amusement park, onsen, a swimming pool, family gravesites, shinkansen, and experienced summer festivals… my town has a big one in August. Roy was just simply happy to walk around and have his daily grilled fish & sake. It was easy to find his favorite food there, and my mom’s meals were some of the highlights of his trip.

We mainly stayed in my hometown, SENDAI. It was my first visit back after the big earthquake in 2011. I saw lots of changes, both large and small, losses and gains. It was an amazing time, and there were also the parts that haven’t changed at all. Its hard to imagine what people who live there experienced, because things seems so normal now.  It made me think when the small earthquake happened, I was the only one freaking out and my mom was calm, who figured out how small it was. Unfortunately, this is something she lives with everyday.

Remi is almost 18 months. She grew a little over the summer, but the big change is in her attitude, because she is not a baby anymore! She picked up a lot of Japanese words, since Nana (my mom) took care of her for almost 3 months. The most frequent word would be “KAWAII”, which is cute, I think she use it for cute things, also things she likes… she hugs stuffed animals and repeats KAWAII in high tone voice. It is very cute.

ニューヨークはようやく秋めいて来ました。

私達は日本でまるまる夏を過ごしてきました。娘のレミの時差ぼけは解消しましたが、未だに生活の調整が終わらない感じです。ロイは先に一人で戻って来ていたので、気楽かつ寂しい1ヶ月を過ごし待ち構えていました。レミとふたりだった帰りの便には私の姉が同乗、初めてNYに遊びに来ました。彼女も帰国し、いよいよ私達の日常生活が始まったと言うところです。

レミはもうすぐ1才半になるので、旅行前の家の中の配置では全く通用しなくなりました。とにかく手が届く物には全て触り、のぼれる物は何処でものぼりたいようで、頼みの綱のベビーベッドにもよじ上り、そして初めて落ちては大騒ぎしています。言葉も増えて来て、会話も徐々に成立しつつあります。もっか一番頻度の多い言葉は”かわいい”で、ヌイグルミを抱きしめてはかわい〜かわい〜と連発します。旅行前は、んまっとキスをしていたので、日本の女の子風になったのでしょうか。ナナ(私の母)に2ヶ月半もお世話になったので、日本語のことばを随分おぼえて来ました。夏の前と大きさは少ししか違いませんが、表情や行動が随分子供らしくなって来ました。大きくなったのは態度かな。。。?

私が仙台へ戻ったのは震災後、今回が初めてでした。まるっきり変わっていない部分と、無くなったり増えたりした部分があって、ほっとしたりびっくりしたりの連続でした。町並みや平和に見える日常を送っている人々を見ては、感心する気持ちと、なんというか自分が部外者であることを実感しました。免疫もないのでちょっとした余震でも私だけびっくりして騒いでしまいました。。。。。とは言え行きたい所や食べたいもの、そしてロイとレミに見せたいものが沢山あって、なかなか忙しい滞在でした。久し振りの友人達にもちょっとずつでしたが会えて嬉しかったです。祝杯の機会が沢山あったせいか、レミは日本に行って真っ先に乾杯をおぼえました。ロイは3度目の日本(うち2回が長期)でしたが、好物ばかりの食いしん坊な日々を送り、私もレミに初めての日本を体感させることができて満足、三人とも目一杯楽しんできました。

Advertisements

JR on the Alameda street side, MOCA

We went to LA last week, just to see an art shows call “Art In The Streets” @ MOCA(The Museum of Contemporary Art, Los Angeles) which ends early next month.

A trip to LA has never come up as option for us, since we both don’t drive. But we recently learned that the Brooklyn Museum canceled their plans of hosting the exhibit, so it may or might not come to NY at all. We also wanted to visit several galleries while we were there, so we researched all of the public transportation options in order to move around. We found a hotel where we can walk to MOCA, and made it happen.

The presentation was great. It’s a massive exhibit of over s100 artists and writers.I liked how those sections were divided by artists and each section had sufficient size.
My favorites were the work by Margaret Kilgallen and SWOON, followed closely by the installation by Barry McGee, Todd James and Steve Powers.

It was totally worth the 12 hour round trip. It will be a shame if it doesn’t travel to NYC. PS1/MoMA, are you listening?

Margaret Kilgallen

An Os Gemeos installation.

Swoon’s tent room.

“Street Market”

LA Metro sign. A part of the “no tagging/graffiti” section.

LAに行ってきました。
目的はMOCA( ロサンゼルス現代美術館/The Museum of Contemporary Art, Los Angeles)で催されていたストリート・アートの展覧会、 “Art In The Streets” です。

車の運転をしない私達夫婦にとってLAはまず旅行の候補地に挙がる事はないのですが、最近ブルックリン美術館が予定していた開催の中止を発表し、この展覧会がNYに来るかどうかもいつになるかも判らないので、急遽決行となりました。
とりあえず交通面で困らないように下調べをして美術館へは徒歩で行ける距離にホテルをとり、他に訪ねたいギャラリーなどもバスや地下鉄で行ける所をリストアップして行きました。
本命の展覧会はなかなか大規模で、往復12時間かけて行った甲斐はありました。

展示は大部分がアーティストごとに区切ってあり、小部屋になっていたり、巨大な壁一面だったり、動く物や音の出る物、そして年表に加え反対運動の記録などもあって盛りだくさんでした。一画が街のようになっていたものは”ストリートマーケット”という90年代後半の作品からで、これは私にも懐かしかったです。

行く前に読んだ記事によると、この開催には賛否両論だったようで、周辺住民はこのせいでタギング(個人やグループ名等のマークやサインのよう なもの)やグラフィティが増えて街が汚れるのを嫌がっているとの事でした。(ブルックリン美術館でも同じ様な意見があったのが大きい様です。。。。。この汚いNYでなにを今更、という感じですけど?)ストリートアート自体が常に賛否両論でありつづけて来た事の象徴の様な話です。ぱっと見まわした限りではそれほど多くは見られず、個人的には少々残念な気がしました。4月にオープンした頃はもっと多かったのかもしれません。その後に行ったギャラリーの人の話では美術館側としては近辺の規制や清掃も予算をとって責任を取る上での開催としたそうで、私達は滞在中2回行きましたが、どちらも様々な人種の老若男女が楽しそうに見てました。

ただし、会場前でのスケートボードは禁止のようで、スケーターたちは警備員に次々止められていましたよ〜。

夏休みの最後、引っ越し先の整理もそこそこ、コペンハーゲンへ行ってきました。

旅行といえばアートとおいしいもの中心で、名所なども素通りしがちな私達夫婦ですが、短いながらも期待以上に満喫できた8日間でした。コペンハーゲンは古めかしい煉瓦と実験的なガラス張りの建築が共存する美しい町でぶらぶらするのに最適です。

初日からとにかく気に入ったのがサワードウのライ麦パンです。これは多少の違いは判る物のはずれがない感じでそこら辺のカフェで頼んだものでも必ずおいしいパンが出てきました。スカンジナビアというとスモークサーモンなどのオープンサンドイッチを連想していましたが、デンマークではsmørrebrødといって様々な物をパンに載っけたものが食べられている様です。(本も買っちゃいました。)

つづきはこちら。

Last month, we went to check out Guatemala Rainbow (colorful handcrafted textiles) in Antigua, and other small towns around Lake Atitlan. The highlight of the trip was to try their traditional back strap weaving.
We had a wonderful 2 day class at the textile school Indigo Artes, and learned a lot about the weaving experience. It is very difficult work and something that I hope that people will learn about and enjoy if they take the opportunity to visit. After the class, I felt that there was no way I could bargain down for a better price for textiles in Guatemala!


….And our picture was used on their monthly brochure.


This lamp shade Kapow was a wedding gift from my friend, Julie Jeane.
She had no idea how oddly similar this is to my head dress.

And this is the head dress….Our wedding was at Park Güell, Barcelona, in summer of 2008 (we got married in 2007).

Rfive Design

Flavor Palette

Shop

Book