You are currently browsing the monthly archive for December 2010.

Happy Holidays Everyone!

Our holiday cookie house is ready and has a home under our first Christmas tree. There is no snow yet outside, but the temperature is very cold! We are both under the weather but we’re together and ready for mulled wine.

I’d like to thank everyone for their support this year. Have a wonderful 2011!

ホリデーパーティーも無事終了しました。

ついにクリスマス本番ですね〜。

ホワイトクリスマスは無理そうなNYですが、外はさすがに寒く、買い出しの人々ももこもこと着込んでいて、どこのお店もぎちぎちでした。。。まあ、小さい店にばっかり行っているせいなのでしょうが、冬場はやはり薄着、車でスムースに買い物出来る環境が羨ましいです。

このところ忙しくしていた私達も、クリスマス・イブは久し振りに家でゆっくりとしています。スパイスたっぷりのグリューワインなどを用意して、出来たばかりのクッキーハウスを眺めております。

皆様,たのしいクリスマスをお過ごしくださいませ。

Great mold, by Ryohei Yoshiyuki.  We would love to have one for our Flavor Palette events….

via: TRIANGULATION

Something seasonal. Chicken pesto with scallions, and  stars are carrot & red pepper.

ツリーはペストであえたチキンです。人参とパプリカの星、輪切りの葱で飾り付けです。めずらしく季節ものにしてみました。

We are having a Holiday Food & Hat Show in downtown Brooklyn on Sunday, December 19th 3-8pm.

Flavor Palette will be creating white & silver holiday treats, accompanied by Rfive Design hats and headpieces.

Please let us know if you would like to join us. reiko27@gmail.com We will send you more information.

12月19日(日)ホリデーパーティーを開催します。フレーバーパレットのパーティーフードとRfive帽子作品の展示販売の組み合わせです。

NY近辺にいらっしゃる方で興味がある方はreiko27@gmail.comまでご連絡ください。

HAPPY HOLIDAYS!

Kyoto by Smart Playhouse

こどもの頃、家の中に隠れ家を造るのが好きでした。きまった形は無かったのですが大抵はシーツ等を家具の色々なところに引っ掛けて行ってテントの様になっていた記憶があります。支柱がいつもロッキングチェアだったので地震の多い家でした。。。。ライトを持ち込んで絵を描いたり、おやつを食べたり眠ったり、飽きるまで忙しくしていました。

最近はこういったテント、ティーピーやプレイハウスのデザインを良く見かけます。わたしのようにあれこれ工夫して隠れ家作りをしていた人達なら大人になっても(または親になった時に)飛びついてしまうのではないかと思います。実際さっき検索したら他にも色々出て来て夢中になってしまいました。

TeePee by Moozle

Uroko House by Point Architects

Kid’s house by studio mama

 

それで考えるのは、(隠れ家に限りませんが)こういう既に工夫・デザインされたものに恵まれて育つと更なる発想が生まれる様な子供が育つのでしょうか、それとも工夫の必要のない、発想する事自体が少ない子供になってしまうのでしょうか。

勿論持って産まれた性質もあるのでしょうが、おもしろい発想の人や想像のつかない分野の人に会うと、子供の頃の事をよく尋ねたくなります。

そういえばわたしの友達のひとりは、小さい頃育った家の中にブランコが下がっていた、と言っていて羨ましく思いました。最近産まれたばかりの彼女の息子はどんなふうになるのかな。


Thanksgiving is a holiday that is only recently familiar to me. This year Roy and I hosted our first Thanksgiving in our new Brooklyn apartment, where we moved in a few month ago.

Since this was my first experience at curating the Thanksgiving meal, I was happy to have somewhat free reign over the planning of the holiday menu. I could plan without too many preconceptions or expectations.  Our aunt Donna brought roast turkey, gravy and stuffing to create perfect Thanksgiving foundation, so I wanted to serve non-traditional, slightly elegant side dishes.

We had several issues on a night before. Roy arrived home slightly inebriated, after celebrating the retirement of a friend from school. He came home in good spirits, but he was useless that evening as far as suggesting what to do with the overcooked sweet potatoes. He woke up early the next morning to attend to his responsibilities, and I ended up using them in dumplings. They made an excellent appetizer. Only my mom knew that it was supposed to be a Japanese style sauteed dish.

Our complete menu:

Appetizers

Tomato, Olive & Trout  Savory Cake
Parsley & Bacon Savory Cake
Edamame Cubes
Sweet Potato Dumpling

Side Dishes

Green Bean Shira-ae with Sesame Sauce
Pesto Mashed Potato Casserole with Beef
Daikon & Mizuna Salad with Yuzu & Pepper Dressing
Kielbasa(Polish Sausage from Donna)
Stuffing by Donna
West Indian Rice & Peas, by Rhonda, Roy’s sister

Main Course
Roast Turkey with Gravy by Donna

Dessert
Pumpkin Cream Cheese Tart
Apple Clafoutis
Holiday Cookies

The edamame cubes were the most un-Thanksgiving food I had. My mom makes very nice ones, so I decided to offer them as an appetizer.  I knew it could be too new for some people here, especially for this day. But it they were eaten quickly!

–Ingredients–
* 200g(+/-) edamame
* 400ml  soy milk
* 80g sugar
* 5g poweder kanten (agar)
* pinch of salt
*water to boil edamame

–Preparations–
1. Boil edamame beans in water with bit of salt. Remove individual beans from the pods, and remove the skins out of each bean. (See how to cook edamame, or you can use frozen soybeans which are already cooked)

2. Mix beans and soy milk in a blender until it forms a thick paste.

3. In a pot, add sugar and kanten to the paste. Bring to a boil and cook over medium heat until kanten is melted.

4. Pour into deep mold of your choice and let it cool in a refrigerator.

I had a clear plan for the very easy table decorations. Unfortunately my red maple leaves wrinkled up in the shopping bag. When I started to iron some cut leaves right in the middle of our finishing up time, Roy come by and he looked like he wanted to say something. I told him, “You married me! Deal with it.” He decided to take pictures instead of saying anything, and we didn’t talk about it until we finished the preparations. We both agreed that the table looked excellent.

This holiday meant a lot to both Roy & I since we had a fantastic time with lovely people.  ¡Gracias mi famila!

感謝祭は無事に終了〜!

それなりに不安のあった私のメニューも思ったより好評をいただき、ほっとした一夜でした。前菜はともかく着席する頃には叔母の持って来てくれたローストターキー、グレイビーソース、スタッフィングの存在感のおかげでどう見ても感謝祭風のテーブルになり、ニューヨーカーの家族もテキサスからの親戚も満足してくれた様です。
唯一、大量のオレンジ色のカリフラワー&ブロッコリーは出すのを忘れたのが心残りです。(カリフラワーのスープを作り、二日後のパーティーで出そう,と思ったらそっちでも忘れました。)

料理はパーティーとしては今回めずらしく一人きりの作業でした。いつもの友人は出張でNYに居ない上に、ロイは買い物と部屋の整理で手一杯、しかも前夜は仲良しの用務員さんの送別会とやらで酔っぱらわされて戻って来るというハプニングまであり、私は掃除の終わっていない部屋でボーゼンとしました。それでも次の日早起きしたようで、私が起きた時には掃除と整理もほとんど終わっていました。うちではバスルームと床掃除は男の仕事,と言う事にしてもらっています。(それは私がやりたくないからです。。。。)

担当の前菜と副菜はとにかく季節の新鮮なもので好きなものを作ったのですが、近所のグリーンマーケットでは水菜が売られており、珍しいのと嬉しいのとで巨大な束を2つも買ってしまいました。これは大根と一緒にサラダになりました。

さつまいもは、普通に煮たり茹でたりしたくなかったので悩んだのですが、慌てて電話で母に聞いたごま風味のきんぴらにしてみました。しかし火が通り過ぎてしまい失敗!。。。。夜中の1時過ぎ、急遽ワンタンの皮で包むことにしました。味つけは良かったので包み揚げにしたところ、つまみやすい前菜になりました。

感謝祭らしくないモノの代表だったのが枝豆の寒天(わかりやすいように豆腐と呼んだりもします)でしょうか。母の作るものが美味しいので作ってみたのですが、アメリカ人がこの日に食べるにはちょっと新しすぎるかなあ,と不安でした。が、枝豆好きな人が多く,瞬く間になくなり嬉しかったです。
枝豆寒天、作り方はこちら

ただ、パンプキンにクリームチーズケーキがはいったタルトは、よくあるシナモン風味の極甘パンプキンパイを期待して食べた方々にはちょっと残念だったのかもしれません。私はこのほうが軽めで好きなんですけど。
パンプキンモンスターケーキ、作り方はこちら

ちなみにハロウィーンに大量に作ったものはこれでした。

リビングを占領した長いテーブルのセッティングは、真っ赤なカエデの葉っぱを華やかに飾ろうと、沢山買っておいたのですが,しまってある間にくしゃくしゃになってしまい使用不可能でした。結局、少数を切り取ってちりばめたのですが、一枚ずつアイロンをかけました。緊迫した時間の中、こっそり作業中の私を見て驚いていたロイでしたが、結果的に準備は余裕を持って整ったので葉っぱはキレイで必要だった、ということで終わりました。

Rfive Design

Flavor Palette

Shop

Book